理赔说明

治療を受ける前に是非とも4008105119番を掛けて、繋がった後1ボタンをクリックして問い合わせください。

尊敬するお客様:

        平安養老保険股份有限会社の来中人員向け総合保険の賠償サービスについての諸事項をお知りになりたいならば、次の内容を読んでください。

 

(一)賠償請求の手続:

事故後の賠償請求の手続が以下通りとなる:

1. 病気または意外事故で診察が必要となる場合には、直接に4008105119番を掛けて、繋がった後1ボタンをクリックして、救援医者によって遠隔健康診断、医療指導及び賠償請求の注意事項説明を行う。遠隔診断と外来診療後、医者の下した診断によって入院治療が必要となる場合には、救援会社から入院費用を立て替えてもらう。救援会社は病院と相談した上で入院費用を立て替えるかどうかを決める。救援会社の医者により診断を受けなく、記録されなく、または外来診療を受けなくて直接に入院治療を受けた場合には、救援会社は入院費用を立て替えることを負わない。上記の請求手続きに違反して個人は自己意思で医療費用を支払った場合には、賠償を請求できない。

2.重大事故は下記の連絡方法で記録が申請できる。

賠償請求相談・記録申請電話:4008105119番を掛けて、繋がった後1ボタンをクリックください。   400番が使えない場合には010-67185217番を掛けてください;

400番で通知しない場合または規定した正規な手続きに違反した場合には、賠償を請求できない。

(二)賠償請求に必要な書類:

1).生命保険または意外身体障害保険

A被保険者のパスポートの写しおよびビザが載っているページの写し

B被保険者は身体障害の場合は、障害認定証明書(指定された認定機関が認定報告書を発行する)を提示しなければならない。

C被保険者の死亡証明書

D被保険者とすべての受益者との関係証明書および受益者の身分証明書の写し

E意外的事故の場合、意外事故証明書及び関連部門の認定報告書(例えば、交通事故の場合、交通機関が発行した交通事故責任認定書;高空落下、溺れなどの事故は公安機関または関連部門が発行した意外事故か自殺事故かの事故性質認定書;飲酒による事故は発行したアルコール度数の測定報告書。)を提示しなければならない。


2).意外傷害医療

A被保険者のパスポートの写しおよびビザが載っているページの写し

B意外的事故の経緯および証明(交通事故の場合、交通機関が発行した交通事故責任認定書などを提示する必要がある)

C支払った費用レシートオリジナル

Dそれに対応する毎度の診察を受けるカルテ(カルテの期日が領収書の期日といちいち対応しなければならぬ)・料金明細票・検査と化学検査の報告書の写し


3).外来診察・急診医療

A被保険者のパスポートの写しおよびビザが載っているページの写し

B支払った費用レシートオリジナル

Cそれに対応する毎度の診察を受けるカルテ(カルテの期日が領収書の期日といちいち対応しなければならぬ)・料金明細票・検査と化学検査の報告書の写し

2000元の支払いスタートラインに達した場合、依然として2000元以下の部分の領収書の原物・診察を受けるカルテ・料金明細票・検査と化学検査の報告書の写しを提出しなければならない


4).入院医療

A被保険者のパスポートの写しおよびビザが載っているページの写し

B意外的事故の場合、意外事故証明を提示しなければならない(交通事故の場合、交通機関が発行した交通事故責任認定書などを提示する必要がある)

C入院レシート・料金明細票のオリジナル

D退院証明書または入院カルテの写し


上記2)--4)項に対する特別説明:

(1)毎度の弁償書類の中に被保険者の中国大陸内の銀行口座番号及び正しい口座情報を添付しなければならない。口座名、口座番号と取引銀行の情報を含んで、通帳のコピーまたは銀行の顧客情報表で証明する。(具体には4008105119番を掛けて、繋いだ後1ボタンをクリックください)。

(2)1つの保険事故では、2つ以上の病院(2つの病院を含む)で診察を受けた場合には、それぞれの診断証明書・カルテの写しなどの関連書類を提示しなければならない。

(3)診断の病院は、必ず中華人民共和国大陸内における公立病院であり、求償費用が該当地域の社会基本医療保険の規定している清算範囲と一致する。


5).介護料の申請

入院期間における病院または介護サービス会社が出した料金レシートのオリジナル。



賠償申請書類の宛先: 北京市朝阳区东三环中路55号双子座B座303室(北京环球医疗救援有限责任公司)(邮编: 100022)

        受取人: 来华项目理赔部

        電話: 4008105119转1


以上の内容に対する議論があるならば、中国語の解釈に準じる。