平安養老保険股份有限会社来中人員向けた総合保険保障計画の簡単紹介

加入条件

    留学生:来中留学生、香港・マカオ・台湾籍学生及び華僑学生(華僑身分を証明するには関連単位の発行した証明書が必要不可欠である)の中で、健康で、正常に勉強できる留学生、年齢が6-69歳の学生は加入可能となる。

 

保険責任

保険責任の有効期間(当保険の発効日から失効日までの期間)の内において、当社は下記のような保険責任を負う。

1.  死亡保険の責任:

被保険者が意外的事故または疾病により死亡した場合には、当社は約定された保険金額に準じて保険金を給付し、保険責任が終了。

2.  意外身体障害保険の責任:

     被保険者が意外的事故に遭ったため、事故の発生日から180日間以内に当事故による「人身保険身体障害認定基準」に掲げられた障害項目が発生した場合には、当社は当基準に規定された認定原則に準じて身体障害認定を行って、別途約定がない限り、当社は認定結果に該当する基準に決まった給付割合に、相応責任のもとでの保険金額を掛ける金額によって意外身体障害保険金を給与する。第180日に至っても治療が終わっていないならば、第180日における身体状況に準じて身体障害認定を行って、その認定結果に準じて「意外身体障害保険金」を給付する。

    該当回の意外的事故が引き起こした身体障害と前回の身体障害を合併して、「人身保険身体障害認定基準」に準じて、より重い障害項目に評定されれば、、当社がより重い障害項目の基準に基づいて給付する。ただし、前回にすでに給付した意外身体障害保険金(付保前、既に身体障害を持っておる場合または免責事由によって「人身保険身体障害認定基準」に掲げられた身体障害が引き起された場合は、意外身体障害保険金をすでに給付した場合とみなす。)を控除しなければならない。

    一人の被保険者の意外身体障害保険金の給付金累計金額は、該当被保険者の保険金額を限度とし、給付金累計額がその保険金額に達したとき、該当被保険者に対する保険責任は終了。

注釈:「人身保険身体障害認定基準」については中国保険業協会ウェブサイトを参照してください。

    一人の被保険者の意外身体障害、意外死亡、病気による死亡保険金の給付金累計額はその該当保険金額を限度とする。

3.  意外傷害医療保険の責任:

    被保険者が意外的事故に遭ったため、事故の発生日から180日間以内に治療を受ける場合は、保険者はその実際に支出した合理的且つ必要的医療費用によって、100%で意外傷害医療保険金を給付し、給付金累計額が人民元の20,000元を限度とする。被保険者が、1回または何度も意外傷害保険事故を起こしても、保険者はすべて上記の規定に基づいてそれぞれ「意外傷害医療保険金」を給付する。ただし、給付金累計額が該当被保険者の保険金額を限度とし、給付金累計額がその保険金額に達したとき、該当被保険者に対する該当保険責任が終了。

 即ち:打撲傷、火傷、捻挫傷、切り傷、 犬・猫咬傷などによる意外的傷害事故;

清算公式:合理的な費用総計* 100%=清算可能金額(合理的费用総計は現地社会基本医療保険に規定される自費金額及び自費金額の一部を含まない)。

4.  外来診察・急診医療保険の責任:

    被保険者の病気によって、外来診察・救急診察を受けることにより、発生した合理的且つ必要的医療費は、一つの保険期間のうちにおいて、診察を受ける日に、毎日の定額は600元となり、(即ち:当日の医療費用が600元を超えても600元だけで計算し、当日の医療費が600元以下なら、実際に発生した金額で計算する)毎日の定額のほか、総計費用の中に650元の免責金額を超えた部分が、保険会社が85%の比率で賠償し、総計給付は、保険金額の20000元に限る。総計給付の金額が該当の保険金額に達したとき、該当の被保険者に対する保険責任が終了。

 即ち:発熱、突然の腹痛、卒倒、身体の炎症などで外来診察・急診医療を受ける方;

清算公式:(毎日の定額以下の総費用から650元を除いた部分)* 85%=清算可能金額(合理的费用総計は現地社会基本医療保険に規定される自費金額及び自費金額の一部を含まない)。

 

  注:

                      毎日定額:毎日医療機構での最高費用の定額とする。

                      免責金額:該当保険は免責金額を650元として、(一つの保険期間で一回累計金額650元を控除する)免責金額以下の部分が賠償しない。

5.  入院医療保険の責任:

    被保険者が意外的事故または疾病のため、病院の診断により入院して治療を受けなければならない場合には、当社はその実際に支出した合理的且つ必要的介護料(200元/日を上限とする、最大計60日)・カルテの新規料金・暖房料・エアコン料・治療ベッド料・検査料・特別検査治療費・手術料・薬代・治療費・化学検査費・放射線検査治療費などの合理的医療費用に対して、100%の比例で被保険者に「入院医療保険金」を給付する。

    一つの保険期間で、被保険者が1回または何度も入院して治療を受けても、当社は皆賠償請求処理の規則によって保険金を給付し、毎回給付する入院する医療保険金が累計で400,000元に達したとき、該当保険責任が終了。

 即ち:けがや病気になった後、病院による診断で入院して治療を受けなければならない場合にはオンライン病院に先払いを申請するまたは自費で支払った後に清算を申し立てる。

清算公式:合理的入院費用*100%=清算可能費用(合理的费用総計は現地社会基本医療保険に規定される自費金額及び自費金額の一部を含まない)。

   

注:

1)上記のすべての医療保険責任に関わる医療機関は、中華人民共和国大陸内における公立病院のみに限り、だだし、被保険者が公立病院の支病院・外国人に向けた治療区域・VIP治療区域・個人専用病室・個室、A級病室、特別診察および特別需要に向けた治療区域・特別診察および特別需要に向けた病棟および高級幹部に向けた病棟などの同類の治療区域または病棟において受けた治療は、当社は給付しない。

2)上記のすべての医療責任により生じた医療費用の範囲としては、現地の社会基本医療保険に規定された清算範囲に合致する項目および費用のみに限り、私費または自己負担項目の一部は清算できない。

3)初付保のまたは連続加入しない被保険者に対しては、付保日からの30日の内は免責期間(観察期間)であり、免責期間の内において、入院または疾病で外来診察での費用について、当社は賠償責任を負わない。連続加入者または被保険者が意外的傷害事故に遭ったため、治療を受ける場合には、免責期間はない。

4)上記のすべての医療費用に対しては、第三者が一部または全部の費用を支払ったとき、当社は残り部分の賠償に責任を負い、且つこれは該当地域の社会基本医療保険の規清算範囲と一致する合理的な費用であり;ただし、保険責任の中のベッド代・介護料、外来診察か急診などの定額部分がやはり制限され、第三者には賠償比率の制限される部分があるならば、制限される金額を基準として賠償した金額を控除し、当社はそれの残り金額だけを賠償し、賠償比率がない場合、制限される部分が該当地域の社会医療保険の基準とされ、制限される金額を基準としてその項目の標準金額を控除して、この残り部分の金額を賠償し、且つ付保金額を上限とする。

5)被保険者が該当回の付保の前に重大な疾病または慢性病にかかった場合には、保険者は保険金給付の責任を負わない。

 

責任の免除

一、死亡および身体障害保険責任の免除

    以下のいずれかに該当する原因により被保険者の死亡・身体障害が引き起こされた場合には、当社は保険金給付の責任を負わない。

    (1)保険加入者・受益者の被保険者に対する故意殺人、故意傷害。

    (2)被保険者の自己傷害・自殺・故意犯罪または法によって実施した刑事上の強制措置に対する拒否。

    (3)被保険者の殴り合い・酔っ払い・自ら麻薬を吸飲・注射すること。

    (4)被保険者の飲酒運転・無免許運転、または有効許可書のない車両の運転。

    (5)戦争・軍事衝突・暴動または武装反乱。

    (6)核爆発・核輻射または核汚染。

    (7)被保険者が妊娠、流産、堕胎、出産、(帝王切開を含む)、避妊、避妊不妊手術、不妊症の治療、人工妊娠や以上の状況による合併症  

(8)被保険者の整形手術またはその他の内・外科の手術による医療事故。

    (9)被保険者は医者の指示に従わず、無断で薬物を服用する、ただし、説明書に基づいて非処方薬を服用する場合は除外すること。

    (10)被保険者はエイズ(AIDS)にかかる期間またはエイズのウイルスに感染する(HIV反応が陽性になる)期間。

    (11)被保険者はダイビング、パラシューティング、ロッククライミング、バンジージャンプ、パラグライダー・グライダー運転、エクスペディション、レスリング、武術、特殊技能の実演、競馬、自動車競技等の危険性の高い競技活動に従事する場合。

    (12)被保険者の中国大陸以外の地域における死亡か身体障害になった場合。

(13)虚偽の付保情報を提供する場合、外国人専門家および外国人教師が学生身分で付保する場合。

(14)被保険者はアルバイト中に起こった事故。

    上記のいずれかの状況が被保険者の死亡を引き起こした場合には、当社の該当被保険者に対する保険責任は終了。

二、医療保険責任(意外傷害医療・外来診察や急診医療・入院医療)の免除

    以下のいずれかに該当する原因により被保険者の医療費用の支出が生じた場合には、当社は保険金給付の責任を負わない。

(1)保険加入者・受益者の被保険者に対する故意殺人・故意傷害。

  (2)被保険者の自己傷害・犯罪・法によって実施した刑事上の強制措置に対する拒否。

  (3)被保険者の殴り合い・酔っ払い・自ら麻薬を吸飲・注射すること。

  (4)被保険者の飲酒運転・無免許運転、または有効許可書のない車両の運転。

  (5)戦争・軍事衝突・暴動または武装反乱。

  (6)核爆発・核輻射または核汚染。

  (7)被保険者が先天性の病気・遺伝病・既往症を患う場合(付保前既に病気を患ったまたは既に存在している病気で、連続加入しない場合)。

  (8)被保険者はエイズを患ったまたはエイズ・性病のウイルスを感染した場合。

(9)被保険者の妊娠・流産・出産・不妊の治療・人工授精・産前産後の診察・不妊手術・堕胎及び以上の原因より引き起こした併発症。

  (10)被保険者の整形手術またはその他の内・外科の手術による医療事故。

  (11)被保険者の整形・矯正・美容整形または回復性治療によって支出した費用。

  (12)被保険者の健康診断(身体検査)・療養・静養または特別看護。

(13)被保険者は医者の指示に従わず、無断で薬物を服用・塗布・注射すること。

(14)中国大陸以外の地域および中国大陸内の私立病院において発生した医療費用及び薬屋、医療器材会社に支払った費用。

  (15)被保険者の支出した通話料・交通費など。

(16)専門者参加の高リスクの運動なまた危険性の高い競技活動、例えば被保険者がダイビング・パラシューティング・パラグライダー・ローラースケート・スキー・スケート・バンジージャンプ・ロッククライミング・レスリング・柔道・テコンドー・武術・空手道・フェンシング等の危険性の高い競技活動に従事する場合。

(17)虚偽の付保情報を提供する場合、外国人専門家および外国人教師が学生身分で付保する場合。

  (18)被保険者が病院において、臨床試験に受け、且つ医学実験を目的とし、これによって発生した費用。

  (19)診療を受ける病院の入院基準にしっかりと基づいて診療を受けて、入院が必要ではないが、被保険者は自己意思で入院によって発生した費用。

  (20)早めに400電話をかけていないでの関連の診察を受ける費用か未承認されて関連の受診費用。

   (21) 被保険者はアルバイト中に発生した関連費用。

保険料

保障の責任
 
保険金額
(元)RMB
6—69岁
(留学生)
保険料
(元/人·半年)
保険料
(元/人·年)
死亡責任+意外身体障害
100000
400
800
意外傷害医療
20000
外来診察・急診医療(毎日の定額は600元となり、650元の免責金額を超えた部分は85%の比例で賠償する)
20000
入院医療保険
400000

注:以上に言及しない件については、「平安付加身体障害保障団体意外傷害保険 (2013版)(D類)」・「平安一年期団体定期寿険」・「平安附加意外傷害団体医療保険」・「平安住院門診急診総合団体医療保険」などの条項に基づいて執行する。

本商品は各種保険商品よる複合型保険商品です

以上の内容に対する議論があるならば、中国語の解釈に準じてください。